定期借家契約について

アパートやマンションなどの賃貸物件に住む際には、大家さんや管理人、つまり貸主との間に賃貸契約を結ぶ必要があります。
その際にチェックしておきたいのが、どのような賃貸契約を結ぶかです。
貸主と借主が賃貸契約を結ぶ際には、普通借家契約と定期借家契約に分けられます。
一般的に賃貸契約では普通借家契約を結ぶことが多く、1年から2年の契約期間が定められていることがほとんどです。

賃貸契約においてはこのような普通借家契約が多くなっていますが、賃貸契約を結ぶ際には定期借家契約とはどんなものなのかを知っておく必要があります。
簡単に説明すると、定期借家契約とは賃貸契約を結ぶ際に期間を定めることを指します。
期間に決まりはありませんが、契約で定められた期間が終了すれば賃貸契約も同時に終了します。

賃貸契約における普通借家契約と定期借家契約の割合は、95%以上が普通借家契約となっています。
定期借家契約は、現在5%にも満たない状況です。
このような割合から、定期借家契約の存在すら知らない人が多いことが伺えます。

このように明らかに定期借家契約が少ない理由として、貸主にしても借主にしてもメリットよりもデメリットが多いことが挙げられます。
では、定期借家契約には具体的にどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

また、普通借家契約と定期借家契約の最も大きな違いは更新にあります。
ここでは、定期借家契約の更新と再契約についての決まりを説明します。



★管理人特選サイト
借地権に精通した専門家が借地権について解説してます > 借地権